大津市の中古マンション購入で知っておきたいこと

滋賀県の県庁所在地である大津市は、現在、人口は約34万人を有し市域西側は京都に隣接しています。


大津市の中古マンションは、近年においては2009年には取引件数は落ち込むものの、2011年には最も多くの取引が行われています。

価格に関しては、これまでの平均としては約1、600万円となっており、特徴としては近隣よりは高いものの、隣の京都に比べ、およそ1/3程度で取引が行われています。
現在、大津市の中古マンションは売出中のものとして51件が確認されています。ここでの価格帯は700万円〜3、380万円となっており、1、857万円が取引平均価格となります。


内訳としては、まず、価格で見た場合には1、000万円以下では4件があり、順に、1、000万円〜1、500万円では14件、1、500万円〜2、000万円では14件、2、000万円〜2、500万円では9件、2、500万円〜3、000万円では9件、3、000万円〜4、000万円で1件となっています。

大津市の中古マンションに関する情報に追加しています。

物件自体は1、000万円〜1、500万円の価格帯で専有面積70?〜80?と2、000万円〜2、500万円の価格帯で専有面積70?〜80?に集まっており、それぞれ、5件、8件となっています。大津市で中古マンションの購入を希望する場合に判断が必要となるものとして、業者の選択があります。



ここでは大手不動産会社か地域密着不動産会社のどちらかに依頼をすることになりますが、それぞれに特徴があり、購入をする場合にはホームページはもとより、実際に業者を訪れて判断をすることが重要になります。



知名度の高い業者としては、大手では4社程度、地域密着型では8社程度が確認することができ、1社だけではなく複数の業者にあたることも1つの方法となります。